バックナンバー

らぶぼ塾

HIVの無料検査&無料相談で有名な「赤枝六本木診療所」赤枝先生が、HIV・エイズについて集中講義

13. 危険なセックスとは?

生徒 先生、前回の続きで危険なセックスって具体的にどんなのですか?

赤枝 まず繰り返しになりますが、HIVのリスクでいうと、コンドーム無しの生理中のセックスで中出し、次がコンドーム無しのアナルへの挿入で中出し、ですね。それぞれ子宮内膜や直腸が傷ついて、感染の可能性大です。

生徒 これは復習ですね〜。自分の健康を保つのも大切。

赤枝 生理中のセックスは危険なんですね。これはコンドームをつけていても生でも同じです。

生徒 ん? なんで生理中のセックスはよくないんですか?

赤枝 生理中はね、子宮内膜が傷ついている状態で自浄作用が低下してるんですよ。抵抗力が落ちている状態。だからセックスしたら雑菌が子宮の中に押し込まれちゃう。それが原因で性病や子宮内膜炎になったり、それが慢性化すると肩が凝る、頭痛がする、手足が冷える、動悸がするとか、更年期障害のような症状が若いうちからあらわれるケースもあるんですよ。とてもやっかいなことになります。

生徒 えー! そうなんですか。

赤枝 性病にかかったり、もっと抵抗力が落ちるとHIVに対しても心配ですしね。

生徒 ああ、性病中は、HIV感染のリスクが高まるって聞いたことあります。

赤枝 はい。というより性病や膣炎じゃない女性は炎症や傷が少ないわけですから、HIVのウイルスが入りにくい!ということですね。

生徒 あーなるほど。粘膜が傷ついてない人ほど守りが固いってわけですね。
■次回予告
次回は、意外に移りにくい!?
ProfileBacknumber
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (182)