商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.809
らっしゃい! 下品すぎる昼の職場

茨城県 架紗音 22歳
鮮魚兼デリヘル嬢です。今回は鮮魚の人々のお話を書こうかと思っいます。

クリスマスの時のお話、クリスマスと言えばケーキですよね。そんな話を社員二人でしているのを仕事しながら聞いていました。

Aさんが「ケーキうち買わないんですよね、嫁さんと二人ですし」と言ってて、Oさんが「まぁ二人じゃな」の後にAさんが「生クリームは買うんすけどね。Oさんもどうですか?」と意味深な言葉。Oさんは「お前どうですかじゃねぇよ、嫁さんと何してんだよ」と意味が通じている様子です。

恵方巻の時もAさんが「うち嫁さんが恵方巻食えないんすよ」と切り出して、Oさんは「具材スキキライあるもんな」と返せば、Aさん「オレが方角に背中向けて嫁さんアレくわえてればいいんじゃないんですかね?」と下ネタ。Oさん「お前いるの俺等だけじゃねーんだぞ、やめろ」と笑いながら、本気で止める様子はありません。

最近入ってきた若いお兄さんは、年上子持ちの彼女さんがいて、その人が初めての彼女さんみたいなのですが、パートのNさんは「あの兄ちゃんやることだけはやって仕事できねーんだ」と言ったり。そのお兄さんが休みの時は「今頃彼女とやる事やってんだべ」「初めてだからやりこめられちってんだよあれは」「あれもバカだなー、早く別れちゃって逃げちゃうんだよ。今に見てろ、結婚させられちゃうから」などと、よくこんなに出てくるなーという勢い。

朝8時から下なお話が飛び交っている昼の職場です。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (4)
    (3)
    (8)
    (51)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)