商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.790
地方で羽根を伸ばす、芸能人との思い出のプレイ

北海道 まりりん 22歳
デリヘル嬢です。去年からこの仕事を始めたのですが、意外と芸能人や有名人のお相手をすることが多く、こんな人たちも普通に風俗を使っているんだな〜と驚きの一年でした。

そんな中で、思い出に残る芸能人さんとの一夜を投稿します。

その方の予約は、プレイの前日に入りました。と言っても、テレビに出ている名前とは違う名前だったので、お店も私も芸能人とも分からず、当日は普通にホテルにうかがいました。

直前にその方から店に電話があり、部屋のドアのカギは開けてあるので、チャイムを鳴らして勝手に入ってきて、とのことでした。ということで、チャイムを鳴らして「おじゃましま〜す」と部屋に入り、店名と源氏名を名乗りました。

すると、ベッドに寝たまま苦笑いを浮かべる彼。私はすぐに「あっ!」と気づきました。なんでも、その日はお正月の特別番組のために屋外で撮影があったそうで、体を張る撮影で腰を痛めたそうです。

プレイはキャンセルしようか迷ったけど、前日から予約を入れているし、迷惑かと思い来てもらったとのこと。優しいな〜と思いましたが、プレイ時間がロングタイムだったので、大丈夫かな、という不安も感じた私。

彼に相談して、バスタブにお湯を張って、肩を貸してまずお風呂に入りました。腰は「イタた…」と顔をゆがめているものの、アソコはビンビンです。東京ではなかなか人の目もあり、地方で撮影のこういうときに羽根が伸ばせるのだとか。

しかし、ベッドに行くと、はやり腰は痛いようで、騎乗位も難しそうでした。なので、ねっとり長時間かけるフェラや、あまり経験がないとのことで、アナル開発などをしました。

アナルはかなり気持ちよかったそうで、私も彼には才能があるな、と感じました。バイブを持ってきたいたら、もっと喜ばせてあげられたかもしれません。

テレビでは、とぼけたキャラで笑いを振りまいている彼ですが、とても紳士で、いい人でした。ただ、紳士的な発言を、射精後に全裸で、腰を心配しながらしているというのは、後から思い出すとニヤニヤしてしまいます。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (1)
    (5)
    (28)
    (0)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)