商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.326
親のスネ、かじろうと思ったら……

福島県 とみー 26歳
これは私と私の父の話です。うちでは、父がもうじき定年というところで、母が突然別れ話を切り出し、両親が離婚しました。これは父にとってはまさに青天のヘキレキ。私にとってもかなり勘弁してほしい出来事でした……。

というのも、私は実家を出て一人暮らしをするようになってから借金を作ってしまい、その返済には、父の退職金をあてにしてたんです。私の計画では、父が定年したら、お金を借りて残りを一気に返済!の予定でした。

まぁ自分でもデリで働いてけっこう減らしたし、なんとか怪しまれずに貸してもらえる額かなぁ?なんて……。いかに自然に借りるかを考えて、シミュレーションまでしてたのに……。

だけど現実は、退職金などもろもろが離婚によって母に財産分与され、お金は減っちゃうわ、父は離婚のショックで落ち込んでるわ、とても「退職金を貸して」なんて言える雰囲気じゃなくなりました。私は、仕方ないのでそのままデリを続けることに……。

父はというと、「この家に一人でいたくない」とのことで、家は人に貸し、自分は市内に安アパートを借りて一人暮らしをはじめました。私も落ち込んでいる父が心配だったので、たまにそのアパートへ顔をだしていました。

そんな感じで結局、私は退職金のことを言い出せずにいましたが、離婚から1年が経った頃、さらにショックな出来事が起きたんです。

その日、父のアパートを訪れた私は、台所で簡単な料理を作っていました。父はたしかテレビを見てたはず……。なんですが、その日は珍しく「タバコ買ってくる」と言って私が来ているにも関わらず、突然出かけてしまったんです。

そして、数分後、ちょっと遅いなぁと思いながらも、普通に料理を作り終わり、盛り付けもして、持って行くと…………。テーブルの上にはなぜか風俗誌が置かれていました。しかも、それは私が(目隠しだけど)大きく紹介されている雑誌! その横には置き手紙も……。

『お父さんです。この雑誌を見ていたら、キミを見つけてしまいました。この1年間、お父さんはお母さんと別れたショックもあり、風俗に通っていました。キミはなぜ風俗で働いているのか、理由を聞かせてほしい 父より』

私は、ショックで呆然と座っていると、そこに父が帰ってきました。

もうパニックで、私は泣いて謝って、借金のことを告白すると、父も泣いて、「お母さんも引き止められない、甲斐性の無いお父さんが悪いんだ。お前が借金で苦しんでいることにも気づけないお父さんが悪いんだ」。

その日は二人で泣きながら色んなことを話しました。そして後日、父は残っていた退職金で私の借金を完済してくれたんです。

さて、この出来事ですが、父は自分の娘が風俗嬢と知ってさぞかしショックだったことでしょう。そして、もちろん私もビックリしたし反省もしました。だけど、今考えるとバレて正解だったのかも……? という部分もあるんです!

なんせ、父が私を見つけられたのは、自分が風俗に通うために買った風俗誌を見てたから。後で聞いた話、偶然私を発見した時には既に退職金がかなり減っていたらしいので……。今は親子共々、助け合って暮らしてます。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (44)
    (46)
    (35)
    (24)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)