商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.805
コワッ!! 金玉が異常な客が来た…

愛知県 料理人 21歳
あるフリーのお客さんについたときの話です。その客は、自分のプレイ自慢がひどく、あの店のナンバーワンは120分で何回イカせたとか、今まで最高で、120分に何回戦やったとか、聞いてるだけでウザかったのですが、とりあえずスゴーいとか話を合わせました。

でまあ、普通に接客。しかし、玉舐めしていると、アレ? 感触がおかしいんです! この人、玉が3つある!? コワイので、手でもんで確かめてみたら、やっぱり3つあります! え、病気とかじゃないよね……。

と思い、気持ち悪いので思い切ってお客さんに聞きました。

「すいません、○○様、睾丸が、3つありませんか?」

彼は「えっ?」と言って自分で玉を探り、そして青ざめました。アソコも一気に意気消沈(笑)。「ちょっと今日は帰るわ」と、早上がりでお見送りとなりました。

店長が何か粗相でもあったかと聞いてきたので事情を話しましたが、「ホント〜?」と微妙に信じていない様子。コイツは〜(怒)。

それから数ヶ月、あのお客さんが指名で予約してきました。お出迎えして個室に行くと、彼は「いや〜、前はありがとう」とお礼を言ってきて、なんと3つ目の金玉は腫瘍で、しかも本物の金玉も1つは摘出しなければいけない病気だったんだとか……。

ということで、3つの金玉が1つになったお客さん(笑)。自分では性欲が弱くなったと感じるので、鍛えるためにもっともっと風俗で遊ぶと張り切っていました。テクは、普通でしたね(笑)。

みなさんのところに、玉が1個のおじさんが来たら、優しくしてあげてください。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (5)
    (3)
    (105)
    (15)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)