商品券をゲットしませんか?

バックナンバー

本当にあった私の体験談           誰にもいえない、みんなに言いたい、ウソのような本当の話! え、うそ? そんな話は信じられない? でも信じてほしい、聞いてよ、聞いてよ! 私の内緒話。見知らぬ人にだけ伝えたい話がある。本当にあった私だけのとびっきりメモリー。

商品券をゲットしませんか?
バックナンバーはこちら

本当にあった私の体験談 VOL.820
思い出したらコワイ… 昔の風俗店のセキュリティ

東京都 ですよね 40代
大昔の話なので今はどこもセキュリティがしっかりしているかと思いますが、その頃私は小さい店舗型の風俗店にいました。

いつものように開店前に到着して、もう二人の女の子と着替えようとしていたら、突然「警察が来る! 警察が来るぞ!」と待機部屋に知らない男が入ってきました。びっくりしているとその男は「早く外に出て! 危ないから早く逃げろ!」と言いました。な、なに?!

だいたい開店作業は男子スタッフが一人でしていて、その日のその時間はその男子スタッフはいませんでした(銀行に行ってるのかな、くらいに思っていた)。

誰か分からないけど親切な人が、警察が来ることを知らせに来てくれたんだ! と思い込んだ私たちはそのままカバンなどを持ち、走って駅近くの喫茶店に入りしばらく身を潜めていました。

数時間がたち、恐る恐る喫茶店の電話からお店にかけてみました。もしかしたら店内は大騒ぎで電話は繋がらないかも…。

ところが電話に出たのは、普段は早い時間には居ないはずの店長でした。「バカヤロー! お前らどこでなにしてんだ! 店開けられないだろうが!」

えっ?

私たちは開店前に起きた出来事を話しましたが全く信じてもらえなくて、めちゃめちゃ怒られました。ちなみに違法の店ではありません。よく考えればわかったことですが、とにかくびっくりして知らない男の言いなりに…。

あれは誰だったんだろう。泥棒に入ろうとした男だったのか? 防犯カメラもなく鍵もなくて、今思えばとても物騒な話です。
■ この記事の感想を下のボタンを押して送ってください。
    (2)
    (4)
    (3)
    (2)
■ この体験談に意見、質問、感想がある方はこちらに書き込んでください。
    (件名)